ココの毎日のできごと、メッセージ。
<< れもんちゃんのこと | main | もう、紅葉おわっちゃった? >>
お正月に読みたい本−1
私は、自分で絵本を書いたり読んだりしますが、童話、小説、図鑑、地図などを読むのも大好きです。
そして、ふと、昔(明治、大正)の児童文学が無性に気になりネットで検索していました・・・。
その時、「青い鳥」1911年が目にとまりました。果たしてどんな話だったか?なんとなくしか覚えておらず、すぐに読みたくなったのです。昔のシュールな挿絵、登場人物の素朴な会話・・・。
早速、明日図書館へ行こうと思います。このような、ほんとに昔に出版された本が大阪府吹田市の万博公園内にある国際児童文学館にたくさんあるそうです。
 この青い鳥、ちるちるとみちるが、幸せの青い鳥を探しにいく話だったと思うのですが、
ストーリーを想像するのも楽しいものですね。なんだかわくわくどきどきします。
さらに、青い鳥を検索してたら、また違った青い鳥を見つけてしまいました。レビューを少し見ただけで心が揺さぶられました。。現代の青い鳥は、見つけるのが難しいのです。すべての人の心の隅にいることを教えてくれます。
青い鳥
青い鳥重松 清おすすめ平均 stars本当にたいせつなことstars教師とはstars本当に大切なことstars本当に心に残る作品stars間に合った・・Amazonで詳しく見る by G-Tools

| paridecoco | 日記 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |











一番上へ