ココの毎日のできごと、メッセージ。
<< 夏の乗り越え方ー3 | main | 久しぶりに突き動かされた衝動・・・? >>
ナルニア国物語のおもしろさ(ささいなこと編)
 この前、テレビで北海道のエゾリスのことがやってました。エゾリスは、雪がつもった大地に、木の実などの食料を穴を掘って隠します。その姿ときたら、まるで何かの物語にでてきそうな物言うリスのようでした。リスは大切な食料を隠す習性があるのです。そしてお腹がすいたら掘り出して食べます。他のものには見つからぬように・・・。
 ところで、ナルニア国物語には、物言うけものや、小人などが登場します。木だって味方だったり、敵だったりします。 その一つ一つの表現が実に詳しかったり、本当の特徴などを取り入れて、私たちの心にナルニアを造っていきます。
 ナルニア国物語のある場面で、リスがクルミを取りに行く(ためている場所に)とき、その姿を目で追ったり、溜めておく場所をうかがったりしたら、不作法なのである・・・という会話が、人間とアナグマの間でかわされていました・・。
 こういうのがナルニアのおもしろさの一つです。現実とナルニアの差がそう遠くは感じられないのです。動物も人も共存できる・・そんな世界になってほしいと思ってやまないのは、私だけでしょうか。


 
| paridecoco | 日記 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(1) |









dvd:ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
小さい頃、読んでワクワクした物語が映画&DVD化! とても嬉しい反面、自分の秘密の?物語が晒されてしまった…そんな、寂しいような思いがちょっとだけあります(苦笑) 子供の頃には、多かれ少なかれ空想をして楽しむものです。 正義のヒーローになった自分、お姫様に
| 情報基地 | 2006/07/06 12:10 AM |


一番上へ