ココの毎日のできごと、メッセージ。
お正月に読みたい本−2
今日も、マイカル茨木は相変わらずのにぎわいであった。(今日はがんばって歩いて行った。)
特に、本屋さんはいつになくレジが混んでいた。20人以上は並んでいたか。最後尾がわからずに順番抜かししようものなら、檄がとばされた・・・。
やはり、年末〜正月にかけて、ちょっと本でも読んでみよう!ちょっと勉強してみよう!!気になる雑誌も買っとこう!どこに行こうか探してみよう!などと思っているのだろう。一万円あったら、たくさんの本が買える。ていうか、そんなにいらない。
今日は、前回に引き続き、お正月=日本の心 を堪能すべく、原色小倉百人一首を購入!!
高校生のころは、あんなに古典が苦手だったのに今頃になって、古典「百人一首」のすばらしさに気づいたのです。この本は、オールカラーで、美しい写真とともに古人の美しい歌が、わかりやすく解読されています。以下本文より抜粋
「百人一首」は、どれもこれもみな珠玉の名歌ばかりです。王朝時代に詠まれたこれらの歌々は、みごとに彫琢された言葉によって、人の心のありようを鋭く微細に表現しています。歌の内容の多くは、四季折々の変化してやまない自然の景観や、微妙に揺れ動く恋の気持ちを詠んだものですが、そこには日本人の美意識が端的に表されていると言ってよいでしょう。
 「百人一首」を詠むことは、日本の文化遺産に接するようなものです。どうか、声に出して読んでみてください。繰り返し読んでいくうちに、その一首、一首がどんなにすばらしい言葉遣いであるかも、わかってくるはずです。
 これらの歌々の言葉づかいは、私たちにとって決して平易なものではありません。しかし、この伝統文化が培ってきた言葉には、古人のすぐれた心がこめられています。一首一首を繰り返し読みすすめることを通して、和歌の大事な言葉にちなんで、古人のこころにふれたいものです。そうした「百人一首」の学習が、古典文学の豊かな表現の森に分け入るための入門にもなるのです。


原色小倉百人一首―古典短歌の精髄をカラーで再現 (シグマベスト)
原色小倉百人一首―古典短歌の精髄をカラーで再現 (シグマベスト)鈴木 日出男

おすすめ平均
starsすごすぎます。
stars写真集?
stars安い!
starsカバーを外しても…
starsうっとり浸れます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっと中身みせちゃおう。



| paridecoco | おもしろい本紹介 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
これで、楽しいお正月っ!!
お正月は、家派?お出かけ派?仕事派?
もち、家派の私は常におもしろそうな本を探しております。
この前、切り紙の本とか買って楽しみましたが、今回はいかにもお正月感あふれる、今注目のおりがみの本「めでた尽くし」を購入!!この本、ただの折り紙ではなく、切り離し使える両面絵柄がついたおりがみつきです。けっこう、シュールなかんじ!!もちろん、折り方、縁起物の由来、なぜか英訳、も詳しく書いてあります。見て楽しむもよし、ほんとに切りとって折り紙するもよし、手紙に添えてもかなりよし、お正月ハッピーまちがいなしっ!
cochaeのグラフィック折り紙 めでた尽くし (おとなのORIGAMI‐BOOK)
cochaeのグラフィック折り紙 めでた尽くし (おとなのORIGAMI‐BOOK)cochaeAmazonで詳しく見る by G-Tools




以上、本の中身を勝手に紹介してしまいました!!創作折り紙24枚(24種類の縁起物)つき。
お気に召したらどうぞ・・・
| paridecoco | おもしろい本紹介 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
おうちであそぼっ!
ちょーかわいいモビール(北欧の切り絵)をご紹介!!
簡単、おしゃれ、低コスト!!でとびきりのおうち遊びっ
まぁ、ちょっと見て見て。






こんなすてきな切り絵の世界、はじめてで、一目惚れ!!
なにげなくのぞいた本屋さんで発見しました。
なんとその本には作り方だけでなく、下絵つきの色画用紙もついているのだ。
買ってすぐ遊べる。もちろん、見るだけでも十分たのしいし、かわいぃ〜〜


北欧の切り紙―デンマークのかわいいモビール
北欧の切り紙―デンマークのかわいいモビールJens Funder Nielsen Tomoko Tajiri

おすすめ平均
stars型紙付きが嬉しい
starsお勧めです。
stars北欧気分
starsフレンステッドモビール好きも必見です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| paridecoco | おもしろい本紹介 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
寒い日には、部屋でこもる
こんな寒い日には、無理せずゆっっくり
本でも読みましょう。
さぁ、どんなところで本を読むか?
お気に入りの図書館、カフェ、?すてきな空間を楽しみながら自分だけの時間を楽しむ。
非常に贅沢なことに、本を探すためだけにこういった空間にくる人もいる。

で、この本は、京都のそういった空間をご紹介しています。
京都のbook cafeから、図書館、古本屋さん…。
あぁ、全部行きたい。
どうしよう!




京都読書空間 (act books)
京都読書空間 (act books)
光村推古書院 2005-10
売り上げランキング : 99017

おすすめ平均 star
star読書に浸る町暮し
starくつろげる場所を求めて
star本が読みたくなる場所、それは素敵な空間

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| paridecoco | おもしろい本紹介 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
リバティに感動!!
さきほどの続き!
すてきなすてきなリバティの布をみんなにも教えてあげたいっ!
見るだけで幸せになりそうなこの本「雅姫のリバティノート」
午後のお茶のお供にいかがですか?




雅姫のリバティノート雅姫のリバティノート
雅姫

集英社 2007-03
売り上げランキング : 23370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| paridecoco | おもしろい本紹介 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょーかわいいbook!
またまた、すてきな本見つけました。「北欧のかわいいプリントファブリック」です!こんなすてきで、愛らしいテキスタイルブック見たことないっっ!!60〜70年代の北欧のテキスタイルもりだくさん!こんなかわいい布、売ってないよぉ〜〜!
一枚一枚、じっくりと手に取って見ているかんじがします。60〜70年代の布は、品質が抜群にいいのだそうです。そして、その布を何十年と大切に使う人々、布への愛情は、人や物を愛することの楽しみも教えてくれました。

北欧のかわいいプリントファブリック
北欧のかわいいプリントファブリック
おすすめ平均
starsかわいい!がいっぱい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| paridecoco | おもしろい本紹介 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の本〜不思議な色の作用
今日も本やさんへ。。。めずらしく文庫本のコーナーでうろちょろ。
小説などは、まだ読みかけのものがあったのでやめておき、何か興味深いのはないかな〜と思っていると・・・「色の秘密」野村順一 を発見
最初は、どうせこの色が好きな人はこういう性格で・・・みたいなことだけかな〜と思いきや、奥が深い深いっ!知れば知るほど実用的な知識ばかり・・・。そして、目に入ってくる景色、光、の驚くべき作用。色という方面からみても、先人たちの生活〜たたみの部屋、木の柱、障子・・・は、やすらぎをあたえ、心を落ち着かせて、見習うべきものなのであると感じました。
最近、美白、焼けない、日に当たらない・・・みたいなことが普通になっているが、とんでもない事実を知りました。太陽の光は、当たらないとだめなんです。しかも、肌に直接あたることがとてもいいことなのです。それだけではありません。目から入る光でさえ、体に深く影響します。サングラスは、よほど真夏ではないかぎりはずしてください。みんな、太陽のありがたい恵みを体中でうけましょう!
 まだ本は、全部読んでませんが、色の重さ、味、など不思議な真実がたくさんあります。毎日がよりいっそうすばらしい一日になるために、ぜひ読んでいただきたい本です。
 

色の秘密 最新色彩学入門
色の秘密 最新色彩学入門野村 順一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| paridecoco | おもしろい本紹介 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近買った本
 なんとなく本屋さんにはいる。雑誌をぺらぺらと見る。いまいちおもしろくない・・・。みんな同じような内容で、五分見たらもういい。
 たくさんの本があるけど、何がおもしろいんだろう・・。図書館では、なんでもかんでも読みあさるのだけども、新しい本なので、そうもいかない。
いつのまにか絵本のコーナーに立っていた。そして、ほとんど1分もたたないうちに気がついたら二冊買っていた。衝動買いではない。気に入った本がそれだと、すぐにわかっただけなのだ。とてもうれしかった・・。
 それで、まず一冊目は、「もぐらのグラボー」ルイズ=ムルシェツ作・絵
もぐらのグラボーもぐらのグラボールイズ・ムルシェツ 実業之日本社 2006-12-09売り上げランキング : 244887Amazonで詳しく見る by G-Tools

 この本は、1972年に刊行された本の復刻版です。私が普段から思ってやまないこと・・・環境破壊に対する風刺や、動物との共生、ただ普通の暮らしのありがたさ・・・などが、実に簡単な文章と、ゆかいな絵のみで構成されている実にすばらしい絵本。何度も何度も読んでみたら、それを書いた人の心がわかるものです。絵も相当私好みでありますねっ。小さい子供にも読んであげたい本です。
 もう一冊は、あの名作「幸福の王子」オスカー・ワイルド作 曽野綾子やく・です!
幸福の王子幸福の王子
オスカー・ワイルド 建石 修志 曽野 綾子

バジリコ 2006-11-29
売り上げランキング : 32191
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

たくさんの本で読んだことがありますし、テレビでも、「世界の昔話」みたいな番組で見たのでよく知っています。なのにこの本を購入したわけは、美しい表紙とに挿絵に惹かれたから。そしてページをひらいてゆく・・。その時私は、ショッピングセンターのベンチで読んでいたのですが、目頭が熱くなり不覚にも涙がでてきました。読んだことない人、どんな話か忘れた人、ぜひぜひ読んで見てくださいませ。
 よい本と巡り会うことって、本当にこの上ない喜びににています。それはきっと、大切な気持ちなんかを気づかせてくれたり、人生観が変わったりするからでしょう・・・。
| paridecoco | おもしろい本紹介 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |


一番上へ